iZotope Ozone 9発売記念「Jonathan Wyner マスタリングスペシャルセミナー」

 

ミックス・マスタリングの世界に革命を起こした『iZotope Ozone』その最新版となるOzone 9がこの度登場。

Ozone 9の開発の核となる存在であり、その全てを熟知する世界的に著名なマスタリングエンジニアJonathan Wyner(ジョナサン・ワイナー)氏をお迎えし、Ozone 9の実際の操作を交えながらマスタリングの真髄を伝える特別セミナーを開催いたします。

 

◎セミナー詳細

日時:2019年11月12日(火) 14:00〜 

講演時間:約2時間予定 途中休憩あり 

会場:三木楽器 開成館2階ホール 

参加費:¥2,000 (要事前予約)

お申し込みは、こちらから

 

*ご入金確認時点で予約確定とさせていただきます。

*紙媒体でのチケットは発送致しません。

*入場方法につきましてはご注文後のメールにてご説明させていただきます。

▲前回のセミナー

Part1:First Step of Mastering    13:00 〜 14:00

  マスタリングとは何かを学ぶセミナー。ミキシングエンジニア、作曲家やミュージシャン向けに、iZotope プラグイン「Ozone 8」を使ったマスタリングのテクニックをジョナサン本人が実演デモをしながら紹介する。

Part2:Deep Learning about Mastering    14:30 〜 16:00

 自宅スタジオでのマスタリングワークフロー。シグナルプロセッサーが音楽に何を施しているのか、Ozone の EQ やモジュールの詳細などを理解し、より良い音楽制作のためにミキシン編曲の観点も交えてラウドネスに対するアプローチを紹介する。

 Ozone 8、Interplugin Communication、Tonal Balance Control を使いこなすためのトピックを詳しく学んでいく。RX がマスタリングのワークフローにどのように使用されるのかも紹介。

Jonathan Wyner(ジョナサン・ワイナー)

 マスタリング界の至宝」として知られる、アメリカ音楽業界屈指のマスタリングエンジニア。

 1983 年から活動を開始し、エアロスミス、シカゴ、デヴィッド・ボウイ、ゴッドスマック、ジェームズ・タイラー、ピンク・フロイド、マイルス・デイヴィス、ニルヴァーナ、セロニアス・モンク、ロンドンシンフォニーの作品に従事。1991 年には自身のスタジオ「M-Works」を設立し、これまでに関わった作品数は 5000 を超える。

 また、名門バークリー音楽大学でエンジニア科教授として次世代の育成にも力を注いでいる。

著書である「Audio Mastering: Essential Practices」は、マスタリングのバイブルとして多くのエンジニアに愛読されている。


開催日:平成31年3月14日(木)Paet1 13:00〜 Part2 14:30〜 (全パートの受講が可能です。)

参加費:無料

定 員:先着30 名

会 場:ビジュアルアーツ専門学校 Studio101

〒530-0002 大阪市北区曾根崎新地2丁目5−23

お申し込み:三木楽器株式会社 CAI 営業グループ担当:岡野

cai@miki.co.jp  TEL06-6252-0922